幻のうなぎ「共水うなぎ」を東京で!「目白ぞろ芽」のレビュー記事です。
ブランドうなぎの中でも、有名な「共水うなぎ」を東京で探している方必見です。

この記事は、食べログ「うなぎ 百名店2019」に選ばれた「目白ぞろ芽」のコース料理の食レポです。ぜひ、ご参考にしていただければ嬉しいです。

お店の情報

アクセス

うなぎ目白ぞろ芽の住所は、東京都豊島区目白3-3-1 目白スクエアビルB1Fです。
JR山手線「目白駅」より徒歩約1分です。駅を出て左に曲がるとすぐに、↓のような看板があります。
目白ぞろ芽01

営業時間・休日

営業時間:

  • ランチ 11:00〜14:00
  • ディナー 17:00〜21:00(緊急事態宣言中は20:00まで)

定休日:水曜日

予約について

予約可です。
20人以下で貸切も可能です。
また、2名から8名まで利用できる個室があります。

お店の外観

うなぎ目白ぞろ芽さんの外観写真です。
目白ぞろ芽外観写真

店内の様子

お店に入ると、右手にカウンター席があります。
目白ぞろ芽店内写真1
左手にテーブル席があります。
目白ぞろ芽店内写真2
座席の種類は、カウンター席7席と、4人がけテーブル席が3つと、4人がけ掘りごたつ席が2つあります。掘りごたつ席が区切られていて個室になります。

メニュー

幻のウナギともいわれる「共水うなぎ」と、国産のうなぎの両方が準備されています。
目白ぞろ芽メニュー1
やっぱり、値段が違いますね。
その他、各種ウナギ料理があります。さすが、うなぎ屋さんです。
目白ぞろ芽メニュー2

うなぎ目白ぞろ芽レビュー

コース紹介

今回私が予約したのは、ぞろ芽うなぎコース(5品)です。こちらは、2名以上で注文することができます。
コース料理の内容は
■先付け
■前菜(うなぎ串焼き付き)
■お造り
■共水うなぎの白焼き半身(地焼き)
■共水うな重
■デザート
です。

それぞれ紹介していきます。

先付け

目白ぞろ芽コース先付け
前菜は、キノコの白あえです。
キノコ、ほうれん草、こんにゃくが、マイルドな胡麻味が効いたお豆腐ペーストで和えられていました。
まずは、食物繊維をとって、うなぎへの準備ですね。

前菜(うなぎ串焼き付き)

うなぎの一品料理の盛り合わせです。
目白ぞろ芽コースうなぎ串
盛り合わせの内容は、小松菜とささみのポン酢あえ、骨煎餅、ひれ巻き、くりから、うなぎハム
です。
まずは、骨煎餅から頂きました。バリッ、バリッと、歯応えが凄く良い塩加減でした。次に、ハムを頂きました。ハムは脂が乗っていて濃厚でした。この二つは、ヒレやくりからより味が薄いので、先に食べた方が味がよく分かりました。

そして、ひれとくりからです。独特の味が口一杯に広がり、うなぎ欲求が満たされていきました!ヒレには、紫蘇が入っています。
一品一品味が濃いので、小松菜とささみがあるのがまた良かったです。前菜のうなぎは共水うなぎではなく、普通のうなぎとのことです。

くりから
ちょっと気になったので、「くりから」について調べてみました。
うなぎのくりから焼きとは、うなぎを串に刺したり巻いたりして焼いたものをいいます。
漢字では「倶利伽羅」と書き、龍が剣に巻き付いた姿を意味しています。
倶利伽羅
この龍の姿と似ていることが「くりから」の名前の由来だとか。
倶利伽羅2

お造り

続いて、お造りです。
目白ぞろ芽コース刺身
マグロ、カンパチ、カツオでした。うなぎに感動して、食べる前に写真を撮るのを忘れてしまいましたので、ちょっと食べた後の写真です。

共水うなぎの白焼き半身(地焼き)

そして、遂に「共水うなぎ」の登場です。
目白ぞろ芽コース共水うなぎ白焼き1
共水うなぎの白焼きと、うなぎの肝醤油です。肝醤油は、うなぎの肝と鮎の魚醤で作られています。
断面の写真も。
目白ぞろ芽コース共水うなぎ白焼き2
共水うなぎ初体験。プリッとしているけれども、柔らかい食感。
味は、臭みが一切無く甘い。噛めば噛むほど甘さを感じるうなぎです。
すごい脂がのっているけれどもたれない。これが共水うなぎかぁ。ちょっと感動しました。

肝醤油で食べるのも美味しいですが、個人的には、塩で食べるのが一番味わい深く感じました。

うな重にたどり着く前に、100%満足してしまいました。

共水うな重

そして、うな重。食べるペースを見ながら、出して頂いているようで、タイミングもバッチリでした。
目白ぞろ芽コース共水うなぎうな重1
蓋を開けます。
目白ぞろ芽コース共水うなぎうな重2
お重いっぱいに広がる共水うなぎ。既にお腹が一杯なのを忘れてしまいました。早速お箸を入れてみます。
目白ぞろ芽コース共水うなぎうな重3
「スパッ」と、なんとも柔らかい。食感もふわふわで、舌の上にのせると、とろけるようです。白焼きとはまた全く違う食感と味。食べてみたいなと思っていた、共水うなぎを本当に堪能させて頂きました。

デザート

最後にデザートとほうじ茶です。デザートは、コーヒーゼリーで、下にこしあんが入っていました。
目白ぞろ芽コースデザート
コーヒーゼリーと滑らかなコシアンの苦味と甘味が絶妙でした。お腹いっぱいなはずなのにするすると頂きました。

おまけ

箸置き

目白ぞろ芽箸置き
箸置きが、共水うなぎと記載のあるうなぎ形をしていました。こだわりですね。

山椒

目白ぞろ芽山椒
山椒が挽き器に入っているので、挽きたての山椒をうなぎにかけることが出来て、とても香りが良いです。

お土産

実は、ボリュームが多くて全部食べ切ることができなかったので、持ち帰ることができないかお伺いしてみると、持ち帰り用にして下さいました。
目白ぞろ芽おまけ1
こんな感じで、整えて頂きました。
目白ぞろ芽おまけ2
これは、何気にとても嬉しかったです。

まとめ

この記事では、食べログ「うなぎ 百名店2019」に選出された、うなぎ目白ぞろ芽さんで、コース料理を頂きました時のことをレポートいたしました。

共水うなぎを提供しているお店は全国でも30数件ということで、そのうちの貴重な一軒です。幻とまでいわれている共水うなぎ自体の味も、調理も、ボリュームも大満足でした。

さすが、百名店に選ばれているだけあるお店です。東京で、共水うなぎを食べたい時は、おすすめのお店です。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

おすすめの記事